トライアンフ タイガースポーツ660

突然ですが、私、このたびイギリスはトライアンフの「タイガースポーツ660」を購入いたしました。

納車時
納車時
Discover more about the Triumph Tiger Sport 660 - triple powered versatility.

というのも…

きっかけ

とりあえず大型二輪免許はあるもののうちには去年買ったジクサー250があるし、それなりにいろんなとこ行ったし泊まりがけで浜松も行って愛着もあるし、維持費や場所の都合上これ以上の増車もまったく考えていないというか不可能だしな。などと供述しており、当分はジクサーに乗り続ける予定だった。その証拠に自賠責も3年つけていた。実際に取り回しも超ラクだし両足ほぼベタづきだし軽くて乗りやすいし別に不満があるわけじゃなくてお気に入りのバイクではあった。

でも実際に高速走るのは250(しかも単気筒)だと結構いっぱいいっぱいだなとか、軽すぎて横風に気を配りながら走るのがそこそこ怖いとかあって、結局大型に乗りたい…。そもそも実はジクサーを買った動機が正直なところ価格であって、見た目や性能に惚れたわけではなかったので、特に不満があるわけではなかったけど、同時にある程度は妥協した結果でもあった。

とはいえ、まあジクサーには乗り続けるけどせめて下調べがてら大型バイクで気になる車種の実物を見たりまたがったりくらいはしてみたいなと思い、レッドバロンやバイク館SOXなどの中古車店や、トライアンフやカワサキプラザなどのディーラーに行ってちょろちょろ見て回ったりしているうちに試乗したタイガースポーツ660、なんとこれがとんでもなく良い…。

シート高が高くて足つきが良くないという事前情報があったけど、爪先ツンツンというわけでもなく両足とも拇指球あたりは余裕を持って着くし、右足がステップの上なら左足はベタ足になるので信号待ちの間の不安感もない。ローシートに変えたものもまたがったけど、ノーマルシートで拇指球がつくくらいだとローシートにしても別にベタづきになるでもなく大差なかった。

発進時は思っていたよりもかなりマイルドで暴走する心配がなく扱いやすい(むしろ拍子抜けするくらいだ)し、かといってしっかりと大型二輪なので走行中にスロットルをちょっとひねれば車体をぐっと押し出してくれる力強さをしっかりと感じられる。3気筒の独特の音とフィーリング、コックピットから見た景色、見やすいミラー、全部良かった。

トライデント660よりポジションが楽なのと、簡単に位置を調整できるでかいウインドスクリーンがついているのもいい。寸法も確認したけどうちの車庫にもちゃんと収まりそう。

あと直接は関係ないけど試乗しただけでいくつかのトライアンフグッズをもらえた。

いやー良かったなーと思って家に帰る途中でショッピングモールに寄りフードコートでめしをくいながら嫁に連絡していたら「そんなに気に入ったなら買ってしまえば?」とまったくこれっぽっちも予想していなかったまさかの返事が!!!???

買ったばっかりなのにポンポン買い換えるなもう少しは乗れ!的なことを言われると思ってたし、どう考えてもそれが正しいからぐうの音も出ないはずだったので、まったく思いもよらなかった。

いやジクサーは副業の収入で100%まかなえたから家計へのダメージはなかったけど、今回はエントリーモデル扱いとはいえ大型だししかも外車だし、ジクサーを売り、かつ副業で貯めた残金を全投入したとしてもとてもじゃないけどまかなえないよ?と聞いたけど、やっぱり良いとのこと。[1]

売却

というわけであれよあれよという間に話が進んで、ジクサーは買取業者に引き取られていき…

今までありがとう
今までありがとう

自分の意志で売ったのに、いざトラックに積まれてナンバーを外され、去っていく後ろ姿を見たら泣きそうになった。

あとこれはちょっとした愚痴なんだけど、写真だけで高い査定がつくと評判のカチエックス(旧アップス)を含めて数社に見積もりをお願いしたけど、正直カチエックスめちゃくちゃ安かったぞ!話が違うじゃねーか。しかも他の業者の金額を伝えると「その金額は無理」と交渉の余地すらなく一瞬で断られた。なんなんだよ。

ジクサーは元値が安いから売値も安いのはこっちだってわかってたけど、それでも他の買取業者と比べて数万円も違うのはやる気なさすぎだし、写真もかなりの枚数撮ったし庫内保管で状態もいいと自負していたし説明文にもちゃんと書いたのに、実物を見て細部をプロの目でチェックした結果ならまだしも写真だけで安く見積もられたのがかえって悔しかった。

最終的に買い取ってくれた業者(こちらは出張査定)は「状態がいいので相場より高い金額をつけられました」と言ってくれたのが嬉しかった。大事に手入れしてきた甲斐があったし、実際にカチエックスよりかなり高かったのでこっちも納得して引き取ってもらえた。

でもそれはそれとして泣きそうにはなった。

ちなみにGEV600は続投です、おめでとう。どうせ売っても二束三文ってのもあるけど、こいつは買い物にめちゃくちゃ便利なので。

そして本当に契約後納車されて今に至る。ありがとうトライアンフ、ありがとう嫁…。まさか外車オーナーになるとは。

納車時2
納車時2

オプション等

今回は妥協して悔いが残ったりしないよう、何年も長く乗り続けるために思い切ってつけたいものをしっかりつけた。

色は赤。追加料金が発生するけど本当に欲しかったのは赤なので15000円をケチって後々後悔しないようにした。ジクサーも赤が欲しかったけどなかったから黒にした経緯があるので…。[2] GEV600も赤にしてるし。

オプションは、純正品ではクイックシフターとサイドケース、あとサイドケースの色変えパネル。このサイドケースの色変えも有料だし変えなくても機能上はまったく遜色なく使えて、本当に見た目の問題でしか無いんだけど、これも後々やっぱりつけときゃよかったなとか考えるのが嫌なので最初からつけてもらった。このときはちょうどオプション半額キャンペーンみたいなものをやっていて、それも後押しになった。特にサイドケースは元値がなかなかに高かったので半額になってくれてかなりありがたかったな。

それ以外にはUSB電源、ドラレコ、ETCなど。こちらは社外品なので半額キャンペーンの対象外。

で、試乗時や納車時に色々トライアンフグッズをもらったんだけど、キーホルダーは付いてこなかったので、結局ジクサーのときに使ってたスズキワールドのやつをつけてる…。

思い出
思い出

余談

ここからは余談。

今回色々な店に行ってみて思ったけど、スズキワールドの対応って結構ドライだったなと思った。

多分めちゃくちゃ忙しいせいだとは思うんだけど、店内に店員さんが誰もいない時間とかが結構あって、相談や雑談などもほとんど付き合ってくれなかったり、点検に持って行ってもぽつんと待たされてできたらバイクを渡されて終わりだとか…冷たいとまでは行かないけど、淡々と作業をこなされているようで結構寂しい。[3]

それにカワサキやトライアンフ等では試乗車があって実際に運転させてくれるけど、考えてみたらスズキワールドには試乗車が一台もなかったし、ホンダやヤマハのようなレンタルバイクもやってない。

250ccならどれを選んでも乗れなくて困ることはないだろうと軽い気持ちで試乗もせず(またがって足つきチェックだけして)買ったけど、大型となると金額も桁が上がるし、重さや足つきなど諸々を考えるとさすがに一度も乗らずに決めるなんてことはしたくない。

レンタルバイク店とかが近くにあれば目当ての車種に乗れる機会もあるかもしれないけど、あいにくうちの近くにはそういった店はなかった。というわけで結果としてスズキの大型バイクは多分乗れる機会がない分そもそも選んでなかった可能性が高い。

トライアンフは店もおしゃれで接客にめちゃくちゃ気を配っていてものすごい居心地良かったし(当然その諸々の経費は車両価格に返ってきてるんだろうけど…)、カワサキプラザも国内メーカーのディーラーとは思えないくらいおしゃれでかっこよく接客もやはり良かった。それにどちらも事前予約さえすれば試乗させてくれる。こういうのやっぱりイメージアップに繋がるし実際に俺みたいにそのせいでスズキやヤマハを選ばなかった人もいるから大事だと思うんだよな…[4]

ジクサー買うときはそこまで丁寧な接客されなかった気が…車両価格にもよるのかな?ジクサーじゃなくて隼買ったら扱いとか違ったんだろうか。

脚注

  1. この時期北朝鮮発の飛翔体関連の話題が世間を騒がせており、それによって刹那的な考えがよぎったと本人談。 ↩︎

  2. 元々最初は赤が欲しくてジクサー150を見に行ったが在庫がなく実物が見れず、たまたま隣にあった250を見たのが250を買うきっかけだった。 ↩︎

  3. 実際は最寄りのYSPのほうがもっと冷たく、当初はMT-09も候補に入れていたが、そのせいでヤマハ車は真っ先に候補から外してしまった。 ↩︎

  4. 最終候補としてタイガースポーツ660とNinja 650で迷っていた。決め手は試乗。 ↩︎