TUF Gaming A15にSSDを増設

オレの買った「TUF Gaming A15 FA506II」はSSD容量が512GB。

さんざんTwitterで文句を言いまくっていたSurface Pro 3。来てしばらくの間は快適だったものの…一年目くらいから早くも調子が悪くなり、最近は…電源を入れても「Surface」のロゴが出たまま数分間何も動かない何回かに一回は正常に起動するがブラウザ一つ開くのにもと...

一見十分な容量っぽいけど、これはゲーミングノートPC。つまりゲームをインストールするわけで、たとえばSteamで買った「The Crew 2」や「Project CARS 2」なんかは1ゲームあたり50GB前後の容量が必要なので、いくらなんでも512GBじゃすぐに埋まっちゃうね。

というわけで今回は1TBのSSDを増設したのだった。というお話。

SSDの用意

まず、2.5インチ SATA SSDを買おう。

ちなみに今回買ったのはこれ。1TBで13,000円しないとは安くなったものだ…。

付属品の準備

あと、A15の箱に同梱されている「ねじ」と「ケーブル」も用意しておく。これはSSDを増設するために必要なもの…つまり増設用の部品をわざわざ付けてくれている。メーカー公認でどうぞ増設してねということなのかこれは。

取付作業

ここからが実際の作業。

まず裏蓋のねじを全部外してフタを外す。ねじは箇所ごとに長さが違ったりするので注意。フタはツメみたいので引っかかっていて簡単には外れないので、隙間に薄い板状のもの等を差し込んで少しずつ開けていく。

右下の銀色のやつがSSDマウンタなので、これを外し、購入したSSDをA15に付属のねじで取り付ける。SSDに付属してくる9.5mmスペーサーは不要。

あとは付属のケーブルをSSDと本体にそれぞれ取り付ける。

最終的には、バッテリーの下をケーブルが這うような感じになる。

これで完了。あとはフタをはめてねじを付け直せばOK。

ちなみに、見れば分かる通りM.2 SSDの増設は不可。何しろ空きスロットがない。他のモデルだとつけられるものもあるみたいだけど、少なくとも今回買った「FA506II」には無理。

フォーマットとドライブの割り当て

電源を入れて、ディスクの管理を見てみると…

無事認識されている。

フォーマットしてドライブを割り当てれば完成。

これで、バッチリ使用可能。

さて、それでは改めてゲームをインストールするとしようか!